お花やインテリアやハンドメイドのこと。


by yoshiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今日 最終日です

Pleasant Time(プレザントタイム)yuriyuriさん主催の『Sweet × Shabby』
今日が最終日です。
b0107483_4465547.jpg


私も今日伺います!
11時から5時までです。
どうぞよろしくお願いいたします。


昨日ココの抜糸の日でした。
抜糸前に血液検査をしてもらい良好だったので、無事抜糸していただきました。

4月24日の早朝 もうダメかも。。そう思いながらクローバー動物病院に連れて行きました。
クローバーさんで二日入院治療のあと日本小動物医療センターをご紹介いただき、中島先生に診ていただくことが出来ました。
病名がわかり、安心したと思いきや、ネットで調べたら『急性膵炎』で亡くなったというワンちゃんのブログ記事が目に留まり、死亡率も高い病気なのだと知りました。
一週間の急性膵炎の治療ですごく元気になり退院したのですが、三日目くらいから元気がなくなり再発かと思ったら子宮蓄膿症でした。子宮蓄膿症も手遅れだと命に関わる病気だそうです。
子宮蓄膿症の手術も無事終わり、術後も日に日に元気になりました。

何年か前に予防注射前に軽い気持ちで血液検査をしてもらったら、「門脈シャント」かもと言われたことがありました。「手術しないと長く生きれない。身体が小さいから手術に耐えられるかわからない。」と言われ、数日泣いて暮らしたことがありました。結局再検査で大丈夫だったのですが。。その時のこともあり肝臓の方も気になってたのでお話ししたら、肝臓も病理検査にだしてもらい、『特に異常はない』ということでほっとしました。
あとは急性膵炎は再発もあるのでしばらくは『低脂肪低たんぱく』の食事にした方が良いとのことでした。

二つの病気が重なってしまい、良くなったり悪くなったりと結局完治するまで約一か月かかりました。

『クローバー動物病院』『日本小動物医療センター』良い先生に巡り合え、大変お世話になりました。
ココは『ペット』ではなく、家族の一員 娘のような存在です。
クローバーの先生は入院した時、「ホテルにも預けられない子で夜が心配です」と言ったら、二日とも夜間に様子をお電話くださいました。ありがとうございました。
救急医療センターの中島先生や看護師さんには怒ったり啼えたりととても手のかかる子だったと思います。手術が終わってからはず~~と啼き続けたらしく、先生も困ったらしく一日早い退院となりました。(苦笑)
中島先生に担当いただき、ココは本当にラッキーでした!!
獣医としての腕前もですが、お二人とも動物にも飼い主にもとても心優しく、病気に関してもとても丁寧に説明下さる先生でした。

こんなに元気なんだからもう大丈夫と思いながらも、検査の結果がでるまでは心穏やかではありませんでした。
「ココちゃん、元気になってよかったねー!!」と診察の最後に、ココの頭をなでてくれた中島先生の笑顔をみて本当に晴れやかな気持ちになりました。^^

本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです♪
[PR]
トラックバックURL : http://atys.exblog.jp/tb/20496084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by atys | 2013-05-25 21:23 | イベント | Trackback | Comments(0)